人気ブログランキング |

岩田彩の。


ピアニスト・岩田彩のブログ。
by ayaiwata0610
プロフィールを見る
画像一覧
更新通知を受け取る
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30

岩田 彩 Aya Iwata 兵庫県出身。 桐朋学園大学音楽学部 卒業後、ニューヨーク・ マネス音楽院で修士課程・ ディプロマを取得。 ピアノを関晴子、 リチャード・グード、 ロバート・マクドナルド、 トーマス・サウアーの各氏 に師事。 チェンバロをアルター・ ハースに師事。
*出演依頼・お問合わせ*
ayaiwata0610@gmail.
com
まで。

検索

ファン

ブログジャンル

音楽
アーティスト

カテゴリ:art( 23 )

ダミアン・ハースト 版画展@渋谷ヒカリエ

最終日にぎりぎり間に合いました「ダミアン・ハースト 版画展」@ヒカリエ Tomio Koyama Gallery.
c0274350_02204674.jpeg

「2002年に制作された「In a Spin, the Action of the World on Things, Volume I」(スピン・エッチング全23点・68部限定)を展示します。本シリーズで作家は、回転する版に針やドライバーを押し当て製版を行っています。版のスピーディな回転から生まれた規則的な円の連なりの上に、不規則に広がるペイント。」(ホームページから)
c0274350_02210487.jpeg
c0274350_02211828.jpeg
c0274350_02213448.jpeg
c0274350_02223222.jpeg
ダミアン・ハーストの版画は初めて。どの作品にも長いタイトルが付いておりました。
彼の作品は立体の方が好きです。

移動する前に、お気に入りのゴントラン・シェリエでソーセージしそパンを買う。
もう何年、このパンを食べ続けてるかしら。ほんと美味しい。
by ayaiwata0610 | 2016-02-29 20:08 | art

竹尾見本帖。

竹尾の見本帖へ。
c0274350_06162873.jpeg
紙好きとしては、ここは頻繁に通いたい場所ですが、私にはなかなか来にくい立地。
ものすごい種類の紙が置いてあります。例えば同じ紫でも、少しずつ色が違ったり、薄く模様が入っていたり。
c0274350_06165010.jpeg
今日は2階で行われている「クリエイター100人からの年賀状展」へ。
c0274350_06171289.jpeg
浅葉 克己・隈 研吾氏らの、ユニークな年賀状が並びます。
c0274350_06173189.jpeg

同じフロアで、「50のタイポグラフィック記念日ポストカード」展。
アンケートに答えると、好きなカードを3枚選べます。
私は、「肉(2月9日)の日」と「ドレミ(6月24日。「なぜ?」と思ったら、裏に「1024年6月24日イタリアの僧侶ギドー・ダレッツォっていうおじさんが、ドレミの音階を定めたそうな。」だそうです。えらいフランクな説明文。。。)の日」と、「オーケストラ(3月31日)」を頂きました。お肉のカードがお気に入り。
c0274350_06184092.jpeg

滅多に来ない神保町界隈に来たので、文房堂をくまなく見る。楽しいなあ。
ものすごく気になるキーウィのぬいぐるみがあったのですが、やめました。
c0274350_06191638.jpeg
変わったぬいぐるみ集めている身としては、非常に後ろ髪引かれました。。。

その後の予定も充実した時間を過ごし、楽しい一日でした。
c0274350_06194819.jpeg


by ayaiwata0610 | 2016-02-18 23:03 | art

恩地孝四郎展@東京国立近代美術館。

c0274350_02505946.jpeg
日曜美術館を観て、知らなかった作家でしたが行ってみることに。
恩地孝四郎展@東京国立近代美術館。

恩地孝四郎(1891-1955)は、東京出身の版画家、装幀家、写真家、詩人。
恩地と田中恭吉と藤森静雄の3人で始めた木版画集「月映(つくはえ)」。
竹久夢二と共に、誌面の添え物でしかなかった木版の挿絵を、作品と捉え直した。

詩人・萩原朔太郎の作品への挿絵や、雑誌「感情」の装幀された本が美しい。

「音楽作品による抒情」シリーズでは、諸井三郎・ボロディン「スケルツォ」・ドビュッシー「金色の魚」・サティ・ラベル「道化師の朝の歌」・山田耕筰の「日本風な影絵」の「おやすみ」。
デザイン性にあふれ、抽象的で斬新です。

恩地氏が撮った昆虫や花、中国の風景なども数点展示されていて、センスがとても良かったです。

かなりたくさんの作品数で、じっくり観ていたらけっこう時間がかかってしまいました。


時間が無かったのですが、常設展も鑑賞。藤田嗣治「アッツ島玉砕」。強烈。
c0274350_02514119.jpeg

岸田劉生「麗子像」。
c0274350_02515929.jpeg

神原泰「あるペシミストの手記C」。
c0274350_02524154.jpeg

松本竣介「Y市の橋」。
c0274350_02531493.jpeg

中村研一「北九州上空野辺軍曹機の体当たりB29二機を墜落す」。
c0274350_02533497.jpeg

三岸好太郎「雲の上を飛ぶ蝶」。
c0274350_02535674.jpeg

上村松園「雪」。
c0274350_02542141.jpeg

他に、カンディンスキーやセザンヌ、クレーなど素晴らしい作品がたくさんあります。
by ayaiwata0610 | 2016-02-18 22:32 | art

学士会館。

如水会館。
c0274350_03321892.jpeg
c0274350_03325230.jpeg
なんともいえないシャンデリア。
c0274350_03331429.jpeg

前から訪れたかった学士会館へ。
c0274350_03333803.jpeg
内装がレトロで素敵です。
c0274350_03340106.jpeg
c0274350_03342212.jpeg
c0274350_03350248.jpeg
c0274350_03352402.jpeg
c0274350_03355545.jpeg
c0274350_03361947.jpeg
c0274350_03380579.jpeg
c0274350_03383194.jpeg
「半沢直樹」で大和田専務の土下座シーンの部屋は、真っ暗でした。
c0274350_03364436.jpeg

ドアの取っ手部分。
c0274350_03371686.jpeg
c0274350_03373930.jpeg
c0274350_03421042.jpeg
素敵な建物でした。
c0274350_03391003.jpeg

by ayaiwata0610 | 2016-02-18 22:28 | art

「未来へつづく美生活展」@工芸館

恩地孝四郎の後は、「未来へつづく美生活展」@工芸館へ走って向かう。
c0274350_03133437.jpeg
ここの建物は素敵なので、来ると毎回気分が良いです。
c0274350_03111990.jpeg
c0274350_03121687.jpeg
c0274350_03124393.jpeg
c0274350_03142718.jpeg

お目当てはルーシー・リー。
c0274350_03152397.jpeg
c0274350_03154989.jpeg
c0274350_03144843.jpeg

ミナペルホネンのバックにそれぞれの作品が置いてあります。
c0274350_03161548.jpeg
c0274350_03165777.jpeg
c0274350_03184218.jpeg
須田悦弘さんの作品。
c0274350_03174942.jpeg
三代徳田八十吉「耀彩鉢 創生」。色彩が素晴らしいです。
c0274350_03190385.jpeg

志村ふくみ「紬織着物」。
c0274350_03192588.jpeg

ハーゲン・アウアー「装飾額付鏡」。
c0274350_03194753.jpeg

ピエール・シャロー「フロアースタンド 修道女」
c0274350_03200663.jpeg

「書架机」
c0274350_03202840.jpeg
閉館ぎりぎりに滑り込めて良かったです。

次へ向かう道すがら、お堀に一羽の白鳥が泳いでいて、彼が通った後が波立っています。
c0274350_03251833.jpeg
水面にものすごい影響を与えていました。
by ayaiwata0610 | 2016-02-18 22:02 | art

銀座でギャラリーめぐり。

お天気が良かったので、夜の予定の前に銀座へギャラリーを廻ることに。
とらやでヴァレンタイン用に、アラカルトの「ティティ」をゲット!

まずは「マカオのアズレージョ」展@LIXIL。
c0274350_06182498.jpeg
マカオのタイルがいろいろ展示されています。
c0274350_06184979.jpeg
c0274350_06191909.jpeg
そして「祝いのよそほい」展@POLA MUSEUM ANNEX。
c0274350_06201201.jpeg
婚礼化粧道具一式が素晴らしい!
c0274350_06210079.jpeg
c0274350_06212860.jpeg
c0274350_06223517.jpeg
「エンキ・ビラル」展@シャネルネクサスホール。
c0274350_06330784.jpeg
毎回撮ってしまう、ロゴ全開のエレベーターボタン。
c0274350_06353484.jpeg
「日本酒ポスター」展@銀座松屋。
c0274350_06324213.jpeg
お天気が良くて、楽しい「銀ブラ」でした。
c0274350_06342770.jpeg

by ayaiwata0610 | 2016-02-13 23:10 | art

都築響一トークショー「エクストリームな出版社たち」

都築響一トークショー「エクストリームな出版社たち」@MOGRAG gallery.
c0274350_04042090.jpeg

最近、都築さんにハマってるので、出来る限りトークイベントに行こうと思っています。
今回は、フランスのマルセイユでシルクスクリーン「セリグラフ」のアートブックを発行する出版集団「ル・デルニエ・クリ」のポスターがギャラリーに展示された中でのトークショー。
c0274350_04050697.jpeg
ル・デルニエ・クリのパキート・ボリノ氏についての話がパンチが利き過ぎていて、面白かった!
それにしても、都築さんはいろんな所へ取材へ行って、様々なジャンルに詳しくてすごいなあ。。。

終わった後は、友達お勧めの御徒町の「山場」でとんかつ定食。750円。
c0274350_04055208.jpeg
安くてすごく美味しかったのでまた行きたい!
(ご飯は3分の2に減らしてもらってこの量です。)
by ayaiwata0610 | 2016-02-11 22:50 | art

ゲルハルト・リヒター&ニキ・ド・サンファル展

ゲルハルト・リヒター展@六本木ワコウ・ワークス・オブ・アート。
c0274350_23465366.jpeg
色の種類が増えてカラフルな印象。
c0274350_23471519.jpeg
ものすごいお値段の作家。ほとんど売れていました。
c0274350_23473868.jpeg
直島や鞆の浦の写真の上にペインティング。
c0274350_23482096.jpeg
12月19日まで。
ピラミデビルでイタリアンのランチをたべた後、建物内のギャラリーを廻りました。

その後、「ニキ・ド・サンファル展」@国立新美術館。
c0274350_23484760.jpeg
初期のコラージュ作品やドット柄のペインティングを経て、あの立体作品になっていく変遷が面白かったです。
彼女のインタビュー動画では、フェミニスト全開なトークでした。
c0274350_23491084.jpeg
「ブッダ」。

見終わってから敷地内を歩いていたら、一緒にいた友達が「先生!」と男性に声をかける。
邪魔したら悪いと思って離れていたら、話し終えて「ノーベル賞受賞した大村先生だよ?!」と。言われてみれば!
大村先生は、千利休とか松尾芭蕉がかぶってそうな物を頭に載せていらして、見たことあるなあと思ったけど、いざ目の前にいたらすぐには分からず。。。
友達は、先生の講演を以前聴きに行った時、感銘を受けたので講演後話しかけに行き、そして今日もぱーんと話しに行っていました。
私も分かっていたらお話したのに!でも何を話せていたかな。。。
もうこの先、道を歩いていてノーベル賞受賞者とすれ違うことは無さそう。。。
c0274350_23493900.jpeg
美術館から観た空が「ワープ!」みたいでした。不思議な感じ。


いつも勢力的に活動している友達は、いくつになっても「楽しくないと!」が口ぐせ。
自分の利益のことよりも、面白い企画には適切な人達と手を組み、速いスピードで実現させます。
非常に忙しいのに時間を作って会ってくれて、常にポジティブなオーラが出ているので、元気をもらえます。
仕事で世界各国を飛び回り、なんとか時間を作ってアート鑑賞やアーティストと会う。
私の理想の生き方をしてるので目標になります。
by ayaiwata0610 | 2015-11-23 23:57 | art

ジュリアン・オピーの世界@GMO

熊谷コレクションのジュリアン・オピーを観に、GMOのオフィス@セルリアンタワーへ。
c0274350_23204733.jpeg
2日間だけの公開。入場料300円ですが、ワインや飲み物が含まれています。
c0274350_23210462.jpeg
c0274350_23212890.jpeg
こんなにたくさんのオピー作品を観たのは初めて!
正直、こんなに持ってらっしゃることにびっくり。
ジュリアン・オピーは1958年ロンドン生まれの現代美術アーティスト。Blurのアルバムジャケットなども手がけています。
c0274350_23214380.jpeg
どの部屋にも彼の作品が。彼のLEDによる歩行アニメーションもいろいろあります。
受付や案内してくれる方達は全員、GMOの社員さんらしく、感じが良くて親切。休日出勤だそう。

c0274350_23222884.jpeg
アンケートに答えると、動くカードを頂きました。
売られていたグッズは、イギリスのサイトから。いろいろ欲しいものがありました。
c0274350_23231272.jpeg
素敵なオフィスで、このラウンジ風は普段はどう使ってるのかしら。

外を何気無く見ていたら、
c0274350_23234065.jpeg
c0274350_23243620.jpeg
犬が走り回っているフロアが。何をしているんだろう。。。。

大満喫のオピー展、メールで友達に勧めまくってから上野へ。
by ayaiwata0610 | 2015-11-08 23:26 | art

村上隆 個展「円相」@ Kaikai Kiki Gallery

村上隆 個展「円相」@ Kaikai Kiki Gallery
c0274350_23230465.jpeg
天気が良かったので根津美術館から歩いて行きたかったのですが、体調がよろしくないのとその後の予定のためタクシーで。「カタール大使館まで。」と言ったのに「クウェート大使館」に行こうとされて、気付いて良かったです。なんとなく似てるのは分かるけど。。。

今回の展示は、ギャラリーペロタンのポップアップギャラリー。
c0274350_23243859.jpeg

c0274350_23245281.jpeg

c0274350_23254653.jpeg
○億する作品が「sold」マーク。。。
このギャラリーは何度か行きましたが、靴を脱いで畳に上がって鑑賞するセクションがあります。
畳の上に座って作品を眺める。
c0274350_23233341.jpeg
カラフルなスカルのモチーフ、座ってずーっと観ていると、円のせいかなぜか落ち着いた気持ちになってきます。
c0274350_23240901.jpeg
その後は、歩いて六本木ヒルズへ。
c0274350_23261672.jpeg
三谷幸喜の最新作「ギャラクシー街道」@TOHOシネマ。
三谷作品は全て観ています。大竹しのぶはさすがの上手さ!
優香の演技が色気あってなかなか良かったです。小栗旬や山本耕史はもちろん、ミラクルひかるが非常に味のある演技!佐藤浩市の贅沢な使われ方も面白かったです。
出産シーンは秀逸。そして最後の、いきなりミュージカルな感じで歌う西川さんの歌がうまい!
笑いのなかにも「常識とは何か」を考えさせられました。
型にはまらないで生きていこう。

鑑賞中は塩バターと甘いキャラメルのポップコーンコンボ。
甘いのが飽きたら塩辛いのへ。行ったり来たり出来ちゃって止まらない。。。あれはあかん。
晩御飯前だったのにお腹いっぱい食べてしまいました。
終わって「くろさわ」のおでんとうどんの店舗へ。
黒澤久雄氏プロデュースで、黒澤明監督の食卓がテーマ。「くろさわ」は4店舗あるらしく、店によってそば・しゃぶしゃぶなどのうりがあります。
お店の方が黒澤監督のマークがついているTシャツを着ていたので聞くと、「3千円で売ってます」とのこと。
おすすめのメンチカツが美味しかった!
昨夜、咳をし過ぎたせいかだんだん声が出なくなって来ましたが、楽しい1日でした。声が出なくなるなんて人生初めて。。。
by ayaiwata0610 | 2015-11-03 23:32 | art

画像一覧