人気ブログランキング |

岩田彩の。


ピアニスト・岩田彩のブログ。
by ayaiwata0610
プロフィールを見る
画像一覧
更新通知を受け取る
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30

岩田 彩 Aya Iwata 兵庫県出身。 桐朋学園大学音楽学部 卒業後、ニューヨーク・ マネス音楽院で修士課程・ ディプロマを取得。 ピアノを関晴子、 リチャード・グード、 ロバート・マクドナルド、 トーマス・サウアーの各氏 に師事。 チェンバロをアルター・ ハースに師事。
*出演依頼・お問合わせ*
ayaiwata0610@gmail.
com
まで。

検索

ファン

ブログジャンル

音楽
アーティスト

カテゴリ:etc.( 3 )

肺炎の経過良好。

肺炎と診断されてから1週間点滴に通い、その後は投薬治療(薬飲むだけ)プラス、仕事以外は「安静に。」を全力で遂行(寝るだけ)する毎日。
10日ぶりに検査に行き、「だいぶ綺麗になってきました。」と言われる。良かった!
検査前日から始まった、左側の差し込む痛みを訴えると、「痛みのためにずっと前屈みで過ごしてたのでは?神経痛だと思います。」と。
そして「ちょっと太った?胃が肋骨押して神経も圧迫してるのかも。」
ママンのフード便が第2弾も届き、前回医者にも「よく食べて下さい。」と言われるがまま、「よく食べた」おかげで2キロ太っております。
「。。。極端だよね。これからはほどほどに食べて下さい。」と医者に言われたものの、れーぞーこにはまだ大量の食べ物が。。。
「完治まであと2週間かな。」と言われ、それまでにどうしても行かないと行けない所があるので、薬を多めにもらう。
次の予約を取ろうとしたら、「予約いる?もう来なくてもいいよ?悪くならない限り。」と突き放されました。
ということで、このまま放っといても(薬は飲みますが)治るところまでもってこれて良かったです。

寒くなってきたのでピェンロー鍋を。
c0274350_15420463.jpeg
作り方は以前の私のブログからどうぞ。
あったまるわ〜。
by ayaiwata0610 | 2015-11-27 15:45 | etc.

肺炎。

twitterではお知らせ(?)しましたが、肺炎になりました。
みなさん、メッセージやお電話、ありがとうございました。

10月末に内科に一度行ったのですが、そこでは「アレルギー性ですね」と漢方薬をたくさん処方され、全然良くならず。
今度は声が出なくなったので耳鼻咽喉科に行くも、「アレルギー性ですね」と言われてお薬山盛りもらい、でも全然良くならず。
咳のし過ぎで肋骨が痛くて、近所の内科に飛び込みで「肋骨折れてないですか!?」とレントゲン撮ってもらうと、「肺炎かも。CT撮りましょう。」でCT撮ると、
「肺炎です。しかもかなりひどい。」
肺炎ってなったことないし、「この辺の白い部分が〜。」とか説明されて、結核と勘違いして「え?え?サナトリウムとかの?」と慌てましたが、説明してもらって、「気管支炎のひどいの。」と分かりました。
「かなりひどかったようですが、自力で少し治ってきています」と言われました。
10月25日の週が一番悪かったんじゃないか、という医者の見立て。
ものすごく咳が出てましたが、「咳止まらんなあ。。。しんど。」とやり過ごしていました。確かにコンサートの次の日から39度近く熱が出ていました。
きっとコンサートに向けて、アドレナリンが出ていたのでしょうね。。。
「だいぶ痛かったはずなのによく耐えられてたね」と言われ、元々痛みに強いのも善し悪しだなあ、と。
「昔だったら入院するほどです」と脅されましたが、点滴に通う治療になりました。
1時間、抗生剤を点滴。両親に電話で伝えると、えらい心配されて、母は「看病に行くわ!」、父「肉送ろうか?」とそれぞれのアプローチで愛情を見せてもらいましたが、母に来られたらしんどいのに、気を使ったりして余計疲れそうだし、お肉も今食べたくないから断る。病気の時は、出来るだけ人に会いたくありません。

病院では、横になると盛大に咳が出るので座っての点滴。
c0274350_20004891.jpeg
友達にこの写真を送ると、「お!KT! キティちゃんは 'KT' なんや!」との答え。確かに知らなかったけど、そこか。。。
c0274350_20013102.jpeg
他に「何やろ、これ」といじっていたらティッシュが出て来たり、とエンジョイしながらの点滴ライフ。(このくじら、めちゃでかい。)
注射が嫌いじゃないので、さほど苦痛ではありません。
早く治さないと旅行にも行けなくなるので、根性入れて治します。
今日も行きたかった「三島由紀夫国際会議」、自粛して行かず、家で寝ております。
ドナルド・キーン様がお話されたのに。。。。

そして、いらないと言ったのに、母から「心配でしょうがないので」と、サーロインステーキ・高砂の穴子・ピエンローセット(豚肉・白菜・干し椎茸・はるさめ)・はれまのちりめん山椒・パプリカ・グレープフルーツが届きました。
c0274350_20030589.jpeg
c0274350_20020839.jpeg
愛ですね。。。
ありがたく毎日頂いております。
今夜はピエンロー鍋です。

出かけない日は、心配して電話くれる友達と話したり、溜まった録画を観たり(「あさが来た」が面白いです)しつつ、ほとんど寝ております。寝ても寝ても寝れるって。。。
溜まったブログでも書こうかな。
by ayaiwata0610 | 2015-11-14 20:13 | etc.

おばあちゃん。

今日の13:31に、祖母が亡くなりました。
数週間前に誤嚥性肺炎になり、手術をしてだいぶ持ち直しましたが、
昨日あたりから元気がなくなってきたらしく、母や伯母やそのだんなさんみんなが見ているなか息を引き取りました。
97歳。
最後は苦しまなかったそうなので、みんなを見ながらおじいちゃんの元へ行くことが出来て良かったと思います。
私は大学から東京に来て、その後ニューヨーク、帰国してからも東京なので、頻繁には会えていなかったけど、ニューヨークにいた頃から始めた、「ほぼ毎週カードを送る」を出来るだけし、今や300枚くらいになっています。
おばあちゃんの誕生日には6人いる孫に声をかけて、全員から胡蝶蘭を送ったりしていました。
離れていたけど、出来るだけのことをしたつもりなので、「もっとああしておけば良かった。」という後悔は無いです。
でも今度のお正月にはもう会えないと思うとものすごく動揺します。
97年という年月を生き抜いて、大切に育てた娘たちに、最後を出来るだけの手厚い看護をされて旅立ったことが、おばあちゃんのしてきたことなんだなあ、と感動。


祖母に会ったことがあるニューヨークの友達にメールしたら、すぐに電話をかけてきてくれて、友達もおばあちゃんを亡くしたので、すごく親身になってくれ、これからどうしていったら良いかを話してくれて、心が落ち着きました。
おばあちゃんを亡くした母がすごく辛いだろうから、支えてあげて、と。
大変な時や大事な時にいつも励ましてくれる友達に救われます。

c0274350_16551229.jpeg
最後の誕生日だった5月。私達が送った胡蝶蘭と。

当たり前のことだけど、人は絶対に死ぬし、いつ死ぬか分からない。
大事な人には出し惜しみせずに、その時その時、出来る限りのことをしていこう。
そして自分は、いつ死んでもいいように悔いのないように生きていこう。
by ayaiwata0610 | 2015-10-18 17:00 | etc.