岩田彩の。


ピアニスト・岩田彩のブログ。
by ayaiwata0610
プロフィールを見る
画像一覧
更新通知を受け取る
S M T W T F S
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30

岩田 彩 Aya Iwata 兵庫県出身。 桐朋学園大学音楽学部 卒業後、ニューヨーク・ マネス音楽院で修士課程・ ディプロマを取得。 ピアノを関晴子、 リチャード・グード、 ロバート・マクドナルド、 トーマス・サウアーの各氏 に師事。 チェンバロをアルター・ ハースに師事。
*出演依頼・お問合わせ*
ayaiwata0610@gmail.
com
まで。

検索

ファン

ブログジャンル

音楽
アーティスト

ロバート・グラスパー・トリオ@ブルー・ノート東京。

ロバート・グラスパー・トリオを聴きにに、ヴァイオリニストのマヤちゃんとブルー・ノート東京へ。
c0274350_10153546.jpeg
6月10日にリリースされた新しいアルバム「covered」は、ヴィセンテ・アーチャー(b)、ダミオン・リード(ds)のメンバーで作られた、アコースティックな内容。今回はそのメンバーでの来日ライブです。
6月3日に六本木のビルボード東京で初めて聴いたグラスパーの演奏。
その時はローズピアノやキーボードを使っていましたが、今回はスタインウェイのピアノのみ。
彼の演奏する音色が、ものすごく繊細なことにびっくりしました。
音色が自在に変わり、月並みな言い方しか出来ないけど、「優しい音」。聴いていて居心地が良い。
フレンドリーな彼のパーソナリティが出ている音楽。
超絶テクニックを披露している箇所でも、音楽的でまろやか。
本人いわく「全然練習しないよー」とのことなので、そのまま受け取ると、やはり天才。
センスが良くて洗練された演奏でした。音の出し方に関してすごく勉強になったので、自分の演奏に活かせられたら良いなあ。
c0274350_10160966.jpeg
気分良くヴァージン・ピニャコラーダ(そこはノンアルコール)を飲みながらファーストステージを鑑賞。
(ところでこのジュース、パイナップルの薄い輪切り(写真手前にちょろっと写っています)が入っていて、食べようと苦戦しましたが、しばらく経って飾りと分かりました。。。食べれんこともないけども、芯はがっつり入ってたし。)
もっと聴いていたい、というところで終演(1時間20分くらいでした)。
楽屋へ挨拶に行くと、メンバー全員でお食事中。そんななか、感じ良く話してくれるグラスパー。
前日は横浜赤レンガ倉庫でブルー・ノート・ジャズ・フェスティヴァルに出て、パット・メセニーやハイエイタス・カイヨーテ(オーストラリアのバンド)のことを聞かせてくれます。
c0274350_10173238.jpeg
c0274350_10174781.jpeg
そこにいたマネージャーの方に写真を頼んだのですが、かなり面白い人で、ものすごい笑わされている私。
そしてロバートに「もっと聴きたかった!(時間が過ぎないで、いつまでも聴いていたかった。。。という叙情的な意味で)」と言うと、「セカンドステージ聴いてく?」と物理的なことを言ってくれたので、聴けることに!!
満席だったので立ち見でしたが、2ステージも聴けてものすごく嬉しい!!
c0274350_10181163.jpeg
休憩の時「ニルヴァーナの'smells like teen spirit'はやらないの?」と聴くと、「うーん、トリオで今日はプレイする予定はないなあ。でもどこかであのフレーズ入れられたら入れるよ!」とのこと。
そして弾かないままセカンドステージが終わり、「忘れたんかな。。。。」と思っていたら、アンコールで戻ってきたラストの曲であのフレーズが!!
後で聞くと、「すっかり忘れてたんだけど、客席通った時に(2人の)顔が見えて「あ!」と思ってアンコールで入れてみた。」
素敵。。。あのフレーズが始まった時、ちょっと感動しました。

↓この曲です。
Robert Glasper - Smells Like Teen Spirit (1 Mic 1 Take) on vevo.


そしてそのアンコールでは、客席にいたハイエイタス・カイヨーテのヴォーカルが飛び入りで一曲歌ってくれました。
会場はものすごい盛り上がり!
終わって再び楽屋に行くと、先ほどのハイエイタス・カイヨーテのナイ・パームさんが。
c0274350_10182970.jpeg
ちっちゃくてかわいい方でした。ものすごいでかいイアリング。トレードマークなのかな?

大満喫のグラスパートリオでした。また来日して欲しいな。
by ayaiwata0610 | 2015-09-29 12:00 | music

ハニージンセングリーンティー。

ニューヨークから来る人に、頼めるだけ頼むものがあります。
ハニージンセン緑茶。
c0274350_12540093.jpeg
ニューヨークでいつもステイさせてもらうM の家で初めて飲んで以来、この2年ほどほぼ毎日飲んでます。
はちみつの甘さがほんの少しあって、高麗人参の味はそんなにしないのですが、どこか遠くにかすかにして、そしてそれが美味しい。

昨日、ニューヨーク帰りの友達と焼き肉を食べ、買って来てもらいました。
2年前は1缶7.99ドルだったのに、今や11.99ドル。ティーバッグが50袋入ってます。
WHOLE FOODSやFairwayで売っていて、店によって値段が若干違います。
ものすごいお勧め!

焼き肉(主にホルモン)を食べながら、ものすごい勢いでしゃべっているとたびたび焦げる。牛タンなど。
c0274350_12543737.jpeg
普段はあんまりホルモンを食べないのですが、友達がホルモンに詳しい方だったのでいろいろトライ。
ホルモン、シビレ(牛の胸腺)、コロコロ。
どれも脂が乗ってて美味しかった!今までは食べず嫌いでした。
c0274350_12542286.jpeg
体に悪かろうが味の濃いものが好き。このお店の味付けは、この私でも「お、塩辛いね!」というほど。
自分の気持ちのために黒烏龍茶をがぶ飲み。
時間があっという間に過ぎる。ポジティヴで楽しい人と話していると元気が出ます。

今日観た映画。「グッド・シェパード」(2006年)
マッド・デイモンが出てる映画に、あまりハズレが無い気がします。
(逆に、大好きなジョニー・デップはなかなかアレな作品が多い気がします。なかなかというか、かなり。)
マット・デイモンはものすごい男前ではないのに、色気もあり知的な見た目もあり、でもものすごく面白いブラックユーモアなPVに出てたりして、幅のある人だと思います。

米ソの緊張した時代、カストロを打倒しようとするのCIAの話で、諜報・政治だけでなく、親子・夫婦のヒューマンドラマも入っています。
アンジェリーナ・ジョリーが無駄にむんむんしていて、動いているだけで「ええもん見せてもらった」感はあるのですが、だんなとうまくいってない、ちょっとヨレヨレっとなっているシーンで、驚くことを発見。
樹木希林に似ています。
c0274350_13440514.jpeg
友達2人に聞くと、1人から賛同を得たので、勝率は高いようで低いですが。
いいの、私がそう思ったから。
by ayaiwata0610 | 2015-09-27 13:00 | meal

「浦沢直樹の漫勉 さいとうたかを」。

最近、練習のため籠っているので、楽しみといえば読書や電話やテレビや映画鑑賞です。
一回目から「これは面白い!」と思って観ているのが、NHKの「浦沢直樹の漫勉」。
画家のライブペインティングなど、作品が出来上がっていく過程を観られるのは、すごい貴重な体験だと思っています。
「漫勉」は、「普段は立ち入ることができない漫画家たちの仕事場に密着。最新の機材を用いて、「マンガ誕生」の瞬間をドキュメントする。そして、日本を代表する漫画家・浦沢直樹が、それぞれの創作の秘密に、同じ漫画家の視点から切り込む。(NHKホームページから)」番組。
漫画家の作業場に定点カメラを何台も設置し、彼らの制作過程をとらえます。

-さいとうたかをの回-
78歳のさいとうたかを氏は、47年間休載無し、単行本売り上げ2億冊以上と驚異的。
ゴルゴ13ファンの友達に、数年前全巻読ませてもらい、そのゴルゴ13を描く過程が映し出されます。
下書き無しで、顔に十時を描かれただけのところに、マジックでまず眉毛、そしてもみあげ。
c0274350_14244616.jpeg
「下書きをなぞるだけだと表情が描けなくなる」とのこと。
中学生の時、日本画を習い、「線で質感を出せる」ことを知ったそう。
衝撃だったのは、修正液は吸っているタバコで乾かしていたこと。
c0274350_14250392.jpeg
紙面ぎりぎりまでタバコの火を近付けていて、「最初はよく焦がしていた」そう。
3時間ぶっ続けで描いて、10分仮眠(仮眠シーンまで撮影されています)。
「先にお金を取っている以上、その先にそれだけの価値が無ければその職業は絶対に衰退する」
と深いお言葉。
浦沢直樹氏のトークも良いです。その道のエキスパートならではの質問や語り口。(そして生瀬勝久に似てる)
浦沢直樹の漫画は、「MASTERキートン」と「MONSTER」が特に好きです。ベタですが。

次回は来年3月だそう。今から楽しみです。
by ayaiwata0610 | 2015-09-26 15:00 | art

藤田美術館の至宝 国宝 曜変天目茶碗と日本の美@サントリー美術館。

「藤田美術館の至宝 国宝 曜変天目茶碗と日本の美」@サントリー美術館。
c0274350_06481837.jpeg

藤田美術館は明治の実業家・藤田傳三郎(1841~1912)、その子平太郎・徳次郎の収蔵品を公開するため1954年大阪で開館。
今回の展覧会では、藤田美術館所蔵の国宝9点のうち8点、重要文化財51点のうち22点が展示されています。

国宝の曜変天目茶碗(ようへんてんもくちゃわん)が目玉。
徳川家康から水戸徳川家、そして藤田平太郎氏へ伝わったもの。
内側も外側も、銀河のような景色が広がり、神々しい。
しばらく息を止めて見入ってしまいました。
口径12.3センチ、高さ6.8センチの器から発するエネルギーがすさまじくて圧倒されます。
あまりの強いインパクトに、感動してちょっと涙が出ました。必見。

天目茶碗とは、天目釉(鉄釉)をかけて作られた茶碗で、その中でも最高のものが中国福建省の建窯(けんよう)で宋の時代に造られた曜変天目。
世界で三碗しか現存しておらず、残り2つは静嘉堂文庫、大徳寺龍光院が所蔵。
他に、藤田傳三郎氏が死ぬ10日前に入手した交趾大亀香合。
c0274350_08381037.jpeg
道具商・谷松屋の戸田露朝から9万円(現在の9億円)で手に入った旨を聞くと、
「そうかあ、と一言、喜びの笑みを浮かべた。」らしい。
長年の夢が叶い、さぞ本望でしょうと思いきや、本人は見ることが無かったらしい。
でも大きな目で見たら、藤田家に来たから見ても見なくても同じなのかな。
そうだったのなら、私もそこの域まで超越したい。







他の作品のメモ
・紫紙金字華厳経 巻第六十二 紫紙に金泥で文字。奈良時代8世紀。
・大宝積経(中尊寺経) 巻第七十 一行ごとに金字・銀字
・法隆寺金堂天蓋付属金銅透彫幡 灌頂幡の一部。
c0274350_08383380.jpeg
「幡」とはお堂や境内に掲げられる旗を意味し、大型で天蓋を持つものを「灌頂幡」といいます。中でも国宝「灌頂幡」は銅板を透彫りし鍍金を施したもので、日本の金工史上最高の傑作と言われています。(ネットから)
・金銅装獅子宝相華文説相箱 法会の時、導師の机上に置く。経巻を入れるもの。
・唐物肩衝茶入 銘 盧庵 元は島津家が所有、西南戦争の時、箱が焼失。
・御所丸黒刷毛茶碗 銘 夕陽 井上馨が所有→藤田徳次郎
・砧青磁茶碗 銘 満月 井上馨→藤田家
・空中信楽釣花入 本阿弥光甫(光悦の孫)作
・藤田傳三郎の号は香雪
・飛青磁片口 青磁釉に鉄斑文

・1882年に設立された大阪紡績は、渋沢栄一、益田孝、大倉喜八郎らの東京資本と華族資本による紡績会社計画と、松本重太郎、藤田傳三郎らによる紡績会社計画が合体したもの。創立後は藤田傳三郎が初代頭取に、松本が取締役。
by ayaiwata0610 | 2015-09-20 12:00 | art

アール・ヌーヴォーのガラス展@パナソニック汐留ミュージアム。

アール・ヌーヴォーのガラス展@パナソニック汐留ミュージアム。
c0274350_09354984.jpeg
デュッセルドルフ美術館のゲルダ・ケプフ夫人のガラスコレクション。
「仕事の気晴らしに、単に美しい作品に惹かれてガラス作品を購入し始めた実業家ケプフ夫人は、やがて旺盛な好奇心によってガラスという素材の特質や技法を学び、その可能性を的確に理解して、優れた審美眼と洞察力でアール・ヌーヴォーの本質を体現する第一級のコレクションを築きました。」
仕事の気晴らし。。。

アール・ヌーヴォーのジャポニスムやシノワズリの影響を受けたウジェーヌ・ルソー、エルネスト・レヴェイエ、ウジェーヌ・ミシェル、オーギュスト・ジャンの作品やエミール・ガレ、ドーム兄弟、デズィレ・クリスチャン、ミュレール兄弟の作品。
c0274350_09361712.jpeg
ガレの「永遠の幸せ」は、銀のふち飾りに「toujours(永遠の)」垂れる下がっているのが「 bonheur(幸せ)」。ユニーク。
c0274350_09364113.jpeg
ドーム兄弟の「スイレンのつぼみ型花器」、そのままの形でかわいい。

c0274350_09371493.jpeg
ドーム兄弟「花器(ブドウとカタツムリ)」 カタツムリが両サイドについていて、なかなかグロテスク。
by ayaiwata0610 | 2015-09-19 12:00 | art

うらめしや〜、冥途のみやげ展@東京藝術大学美術館。

「うらめしや〜、冥途のみやげ展」@東京藝術大学美術館へ。
招待券を頂いたので、ティーチングの前の空き時間に行ってきました。
c0274350_10232817.jpg
明治の噺家・三遊亭圓朝(1839-1900)の菩提寺「全生庵」に、彼が所蔵していた幽霊画が50幅があり、それを中心にした展覧会。
そして圓朝と交流のあった絵師たちの作品や、怪談話を題材にした浮世絵、そして河鍋暁斎や歌川国芳、月岡芳年の描いた幽霊画が展示。

会場内は薄暗く、天井に大きな蚊帳が吊るされていたり、 幽霊画の足下には行灯を模したライトがあったり、竹と竹を縄で繋ぎ紙が下がっていたり、といった演出で雰囲気が出てます。

歌舞伎で何度か観たことのある「怪談牡丹灯籠」が圓朝の作品と知ってびっくり。
「圓朝全集」の挿絵は月岡芳年が。
最後に展示されていた上村松園の「焔」(冒頭の写真の作品)の美しさは圧巻で、作品の前でしばらく立ちすくみました。
ガラス越しだと分からなかったのですが、絵絹の裏から瞳に金泥を瞳に施してあり、きらりと光る効果がなされているそうです。

見終わった後は、全生庵の前を通ってみました。
c0274350_10271188.jpg
c0274350_10264465.jpg
暑い日だったので谷中のひみつ堂(人気のかき氷屋さん)に寄ると、相変わらず40分待ちと言われたのであきらめて、イナムラショウゾウ ショコラティエへ。
このお店ではこれ以外食べないぐらい、大好きなドームショコラ。
c0274350_10243175.jpg
映り込めるケーキ。
c0274350_10252223.jpg
何層にもなっていて、スポンジ・チョコレートムース・ヘーゼルナッツクリーム、チェリーが入っています。全体を覆っているのはブラックチョコレート。

谷中界隈は歩いていても楽しいので好きです。
c0274350_10261312.jpg
c0274350_10255186.jpg
以前から気になっていて行ってみたいと思っている、愛玉子のお店。
レトロ。
by ayaiwata0610 | 2015-09-10 10:39 | art

平野啓一郎と陣岡めぐみ トーク&レクチャー @青山ブックセンター

「平野啓一郎と陣岡めぐみ トーク&レクチャー」 @青山ブックセンター。
平野さんの講演は勉強になるだけでなく、彼の人間性ゆえに楽しく拝聴出来るので、時間が許す限り参加しています。
今回は、上野の西洋美術館で開催されている「ボルドー展」にちなんだトークイベント。
c0274350_12515788.jpg
「葬送」でドラクロワとショパンについて書かれた平野さんが、ボルドー展で展示されているドラクロワについてお話しされました。

以下、自分用に取ったメモ。
・フランス革命後、ドラクロワは花の絵ばかりを描いていた。あと美術論文や絵画論の執筆。
・ドラクロワは執筆を多数している。手紙(パリのドラクロワ美術館で一部公開している)、日記など。・ジョルジュ・サンドの息子モーリスはドラクロワに弟子入りした
・ドラクロワの墓(パリのペール・ラシェーズ墓地にある)は、ボードレールのディレクション、彫ったのはジョルジュ・サンドの娘婿
・ルドン、モロー、モネ、ルノワールはドラクロワを尊敬していた
・ボードレールは、デドガー・アラン・ポー、ワグナー、ドラクロワを高評価
・三島由紀夫は「ドラクロワの日記」を絶賛していた。

トークイベントは1時間半が多いのですが、今回は2時間。
始まる前は長いかな?と思っていたのですが、あっという間に時間が来てしまいました。

終わってから、一緒に行った友達と、青学の裏に安くて美味しいお店をたまたま見つけ、満腹。
by ayaiwata0610 | 2015-09-06 23:00 | event

ヤン・ファーブル展@エスパス ルイ・ヴィトン東京。

「Tribute to Hieronymus Bosch in Congo (2011-2013)」 @エスパス ルイ・ヴィトン東京。
ベルギー人現代アーティストのヤン・ファーブル氏(アンリ・ファーブルのひ孫)の展覧会です。
玉虫の鞘翅(さやばね)で作られたモザイク画。
※虫が苦手な方はご注意下さい。

c0274350_15501497.jpg
「髑髏と権力の道具」一番好きな作品。

c0274350_15504162.jpg
「髑髏とマチェットI」

c0274350_15510393.jpg
「髑髏とアイススケート」

c0274350_15513255.jpg
「髑髏とポーカーハンド」

c0274350_15520346.jpg
「文明をもたらす国、ベルギー」
がっつり映り込んでいる私。

c0274350_15522210.jpg
ちょっと寄りで。

c0274350_15525039.jpg
さらに細部。自然のものなのにすごくメタリック。玉虫色が大好きなので見とれました。

c0274350_15533044.jpg
「死をともなうギャンブル」

c0274350_15540708.jpg
「鍋がやかんを黒いと言う」

c0274350_15544581.jpg
「植民地の芸術」

c0274350_15545897.jpg
「シリーズ『ヒエロニムス・ボスとコンゴ―ボスを讃えて(2011-2013)』より」ヒエロニムス・ボスの「地上の悦楽の園」から着想を得た作品。

c0274350_15551945.jpg
「命の樹液を吸うキツツキ」

c0274350_15553582.jpg
細部。

c0274350_15560608.jpg
「神から授かる豊穣多産」

c0274350_15572064.jpg
「生と死の略奪の使者」

c0274350_15575276.jpg
「楽園の略奪の使い」

c0274350_15562505.jpg
細部。

40分間のメイキングヴィデオ、「ヘヴン・オブ・ディライト―王室からの制作依頼を受けて)」
女王へのごますりっぷりが、むしろチャーミングでした。なかなか男前。
c0274350_15582740.jpg
助手たちとの接し方がフランク。

一緒に行った友達は、ものすごく虫が苦手なので内容は知らせずに会場へ行き、
着いて何も言わずに作品を見てから、「虫だよ」というと、最初は顔をしかめていましたが、最後には「綺麗だね」となっていたので、虫が苦手な人にもお勧めです!

<おまけ>
エレベーターにもエンブレム。
c0274350_16121918.jpg

by ayaiwata0610 | 2015-09-06 22:00 | art

線と色の超絶技巧@太田記念美術館。

錦絵誕生250年記念 線と色の超絶技巧@太田記念美術館。
c0274350_01221623.jpg
太田美術館はこじんまりしていて感じが良くて、アクセスも良いので好きな美術館です。
今回は、初めて浮世絵を観る友達と一緒に。
展示は初心者にもよく分かる内容で、今さらながらのことなどもあり、色々勉強になりました。

250年前に誕生した錦絵。その歴史を作品と共に説明した展示。
1673-81年 一枚摺(墨絵と呼ばれる)
1716-41年 丹絵(墨絵+塗り絵)→紅絵
1744-46年 紅摺絵(赤・緑など2-4色程度)
1765年   錦絵(10色以上のフルカラー)
と変遷。特に「ベロ藍」と言われる青色が綺麗です。

様々な摺り方の技法も丁寧に紹介されています。
・「ぼかし」にも、あてなしぼかし、天ぼかし、地ぼかしなど数種類ある
・「布目摺」は、絵の具を着けず、布を置いて摺るので、その布地が無色で反映される
・「雲母(きら)引」は、膠(にかわ)、雲母、絵の具を混ぜて煮て、刷毛で引く
・「きめ出し」は、凹面の版木を裏から強く押し込むことにより、エンボス加工のようになる
・影で支える彫師にもカリスマがいて、横川竹二郎・小泉巳之吉、摺師では大海屋久五郎など
髪の毛の生え際や蚊帳、小雨が降る描写など、ものすごい細かい線で表現されていて、彫師も摺師も大変だなあ。
月岡芳年の「月百姿 名月や来て見よがしのひたい際」は、ぱっと観ると着物は真っ黒なのですが、角度を変えてみると市松模様に見えます。
(写真はネットから)
c0274350_01214935.jpg
「正面摺」という技法で、摺られた後に、下に版木を置いてこすってつやを出します。

その時代の、最新の技法が使われた錦絵には、職人技が炸裂していました。
どういう手法で作られたのかを知ってから観ると、技術的な観点からも鑑賞出来るのでもっと面白くなります。
by ayaiwata0610 | 2015-09-06 21:00 | art

画像一覧