人気ブログランキング |

岩田彩の。


ピアニスト・岩田彩のブログ。
by ayaiwata0610
プロフィールを見る
画像一覧
更新通知を受け取る
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31

岩田 彩 Aya Iwata 兵庫県出身。 桐朋学園大学音楽学部 卒業後、ニューヨーク・ マネス音楽院で修士課程・ ディプロマを取得。 ピアノを関晴子、 リチャード・グード、 ロバート・マクドナルド、 トーマス・サウアーの各氏 に師事。 チェンバロをアルター・ ハースに師事。
*出演依頼・お問合わせ*
ayaiwata0610@gmail.
com
まで。

検索

ファン

ブログジャンル

音楽
アーティスト

岩田彩 ピアノリサイタル <音彩 NEIRO> vol. 2 終わりました!

岩田彩 ピアノリサイタル <音彩 NEIRO> vol. 2、無事終了しました!
c0274350_09525563.jpg
あいにくの雨でしたが、お越しくださいましたみなさま、本当にありがとうございました。
今回は、以前からずっと弾きたかったシューベルトのソナタを弾くことが出来て幸せです。
40分の大曲なので、コンサートで弾くことをずっと躊躇していましたが、40分かかることは絶対変わることは無いので、チャレンジしてみました。
準備がとても大変でしたが、大学時代の恩師にレッスンして頂いたり、門下生のおさらい会で先輩方からアドバイスをもらったり、ピアニストの友達の前で聴いてもらったり、と周りの方達に助けられました。
コンサート当日は、リハーサル前に美容院にセットしてもらいに行く時点で強い雨が降っていたのでなかなかテンションが下がっていたのですが、会場に着いたら素敵なお花が届いていて、さらにお手伝いしてくれたスタッフ役の友達も早めに来てくれて、心強かったです。
リハーサルの前にカメラマンの方に撮影してもらい、リハーサル、そして本番と緊張しながらもスムーズに出来ました。

c0274350_09535560.jpg

前半はシューベルト1曲でしたが、自分の中では集中して弾けたと思います。
後半は好きな曲ばかりを集めて、それぞれの作曲家のプレリュード(とフーガ)を聴き比べて頂きました。
コンサートをするにあたって一番頭を悩ませるのはプログラムを決めることなのですが、友達とお茶しながら話していた時、彼女の何気ない一言でするすると流れが決まりました。
プログラムを考える時に毎回決めていることは、あまり知られていない素敵な曲を紹介すること。
今回のフォーレのプレリュードはピアニストの友達も知らなかった人が多く(私も知りませんでした)、アンケートでも初めて聴いた、と書かれていた人が多かったのですが、好評だったので嬉しいです。
ピアニストのグルダが作曲した曲は、MCでお話しましたが、彼が作曲をしていることを知らず、持っていたCDにたまたま入っていて、聴いた時にかっこよさにしびれ、弾いてみることにしました。
アンコールのバッハのプレリュードは、私の中で「プレリュードと言えばドミソドミソドミのこれ!」なので、最後に入れました。
今回のプログラムを振り返って、初めて弾いたショスタコーヴィッチとスリャービンがすごく好きだったので、これから彼らの曲を弾いていこうと思います。

コンサート後のうち上げは、手伝ってくれた友達や大学の友達が遠くからわざわざ来てくれたので、ものすごく楽しかったです。
高校時代・大学時代・ニューヨーク留学時代の友達、帰国後出来た友達たちが集まってくれたので、それぞれの時期の私をみんなが知っていて、今も一緒にいてくれていることに感謝。
神戸から両親も来てくれ、彼らの友達たちもコンサートにお越し頂いたので、みなさんに囲まれてちょっと泣きそうになりました。
来て頂いただけでものすごく有り難いのに、たくさんの美味しいものの差し入れと素敵なお花、ありがとうございました!
これからも<音彩 NEIRO>リサイタルを続けていこうと思います。

プログラム
・シューベルト: ソナタ第20番 D.959
・バッハ: 平均律 第3番 BWV 848
・ショスタコーヴィッチ: プレリュードとフーガ Op. 87 No.4
・フォーレ:プレリュード Op.103 No.3,4
・スクリャービン:プレリュード Op.11 No.1,2,6
・フリードリヒ・グルダ:プレリュードとフーガ
アンコール
・バッハ:平均律 第1番 BWV 846 からプレリュード

by ayaiwata0610 | 2017-05-17 09:07 | music