岩田彩の。


ピアニスト・岩田彩のブログ。
by ayaiwata0610
プロフィールを見る
画像一覧
更新通知を受け取る
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31

岩田 彩 Aya Iwata 兵庫県出身。 桐朋学園大学音楽学部 卒業後、ニューヨーク・ マネス音楽院で修士課程・ ディプロマを取得。 ピアノを関晴子、 リチャード・グード、 ロバート・マクドナルド、 トーマス・サウアーの各氏 に師事。 チェンバロをアルター・ ハースに師事。
*出演依頼・お問合わせ*
ayaiwata0610@gmail.
com
まで。

検索

ファン

ブログジャンル

音楽
アーティスト

【コンサートのお知らせ】

岩田彩 ピアノリサイタル <音彩 NEIRO> vol. 2 を開催します。
今回は昔から演奏してみたかったシューベルトのソナタ第20番、そして後半はプレリュードとフーガ特集として、3人の作曲家のプレリュードとフーガを、そして2人の作曲家のプレリュードを演奏します。
最後のフリードリヒ・グルダはピアニストとして有名ですが、ジャズに傾倒し、その影響大というか丸出しのプレリュードとフーガです。なかなか聴くことがない曲なので面白いと思います。
お時間ありましたら、ぜひお越しください。
ご予約・お問い合わせは
までお願いします。

5月13日(土) 18:30開場 19:00開演 @渋谷ラトリエ
岩田彩ピアノリサイタル -音彩 NEIRO-
<プログラム>
・シューベルト: ソナタ第20番 D.959
・バッハ: 平均律 第3番 BWV 848
・ショスタコーヴィッチ: プレリュードとフーガ Op. 87 No.4
・フォーレ:プレリュード Op.103 No.3,4
・スクリャービン:プレリュード Op.11 No.1,2
・フリードリヒ・グルダ:プレリュードとフーガ
全席自由 3,500円(中学生以下 3,000円)
渋谷ラトリエ

# by ayaiwata0610 | 2017-04-02 14:58 | music

Duo Recital vol.3

「Duo Recital vol.3」終了しました!
c0274350_04242265.jpeg
当日までたくさんの御予約を頂きましたので、ほぼ満席になりました。
お越し頂いたみなさま、ありがとうございました!

ピアノソロの曲は全て初挑戦でしたが、好きな曲ばかりだったので、緊張しつつも楽しんで演奏することが出来ました。
毎回感じるのですが、今回は特に、お客様が真剣に聴いて下さっていました。
しーん!!というか、ぴーん!とした空気。
でも雰囲気は温かい。

リニューアルしたラトリエ、今までのレイアウトとは変えてみました。
シゲルカワイのピアノは本当に弾きやすく、素晴らしい音で、弾いていて気持ちよかったです。
c0274350_04244867.jpeg

【プログラム】
・ラモー:ガヴォットと変奏 (ピアノソロ)
・タルティーニ:ヴァイオリン ソナタ<悪魔のトリル> (ヴァイオリン・ピアノデュオ)
・プロコフィエフ:「ロミオとジュリエット」より (ピアノソロ)
・アルベニス:「スペインの歌」より (ピアノソロ)
・フォーレ:ヴァイオリンソナタ第1番 (ヴァイオリン・ピアノデュオ)
-アンコール-
・マスネ:タイスの瞑想曲

c0274350_04253591.jpeg
c0274350_04254979.jpeg

私の小さい生徒さんも、真剣に聴いてくれて嬉しかったです。

打ち上げには高校のクラスメイトが3人来てくれて、あの頃と変わらない時間を過ごしました。
c0274350_04275353.jpeg


c0274350_04260167.jpeg
来ていただけでも有り難いのに、たくさんの差し入れ・お花を頂きまして、本当にありがとうございます。
c0274350_04263126.jpeg
c0274350_04264518.jpeg
c0274350_04270224.jpeg
c0274350_04272569.jpeg
美味しく頂いています。明日からジム再開しないと。。。
# by ayaiwata0610 | 2016-10-16 23:00 | music

【告知】10/16 デュオリサイタル

c0274350_17340743.jpeg
(画像をクリックすると全体画像が表示されます。)
毎年恒例のデュオリサイタルをヴァイオリンの遠藤百合さんと開催します。
アンサンブルとピアノソロを、フランス・バロックからプロコフィエフまで、みなさまに楽しんで頂けるプログラムにしました。
休憩時間には、ルーマニアの赤・白・スパークリングワインをご提供する予定です。
ご都合よろしければ、ぜひお越しくださいませ。

【日時】
2016年10月16日(日) 16:30開場/17:00開演

【場所】
渋谷 L'atelier by APC(ラトリエ by エーピーシー)
http://www.latelierbyapc.com/latelier/access.html

【曲目】
ラモー:ガヴォットと変奏 (ピアノソロ)
アルベニス:「スペインの歌」より (ピアノソロ)
プロコフィエフ:「ロミオとジュリエット」より (ピアノソロ)
タルティーニ:ヴァイオリン ソナタ<悪魔のトリル> (ヴァイオリン・ピアノデュオ)
フォーレ:ヴァイオリンソナタ第1番 (ヴァイオリン・ピアノデュオ)他

【出演】
遠藤百合 (Violin)
岩田彩 (Piano)

【料金】
全席自由 3,500円

【ご予約・お問い合わせ先】
デュオリサイタル事務局
050-5586-7472
yuriandayaduorecital@gmail.com
# by ayaiwata0610 | 2016-10-15 17:32 | music

2軒はしご。

アルコールがものすごく弱いので、普段飲みに行くことは全くないのですが、たまたま機会がありバー2軒はしご。
1軒めは bar toilet.
c0274350_08232108.jpeg
ライアン・マッギンレーの作品が目立ちます。
店内には生ピアノやバスタブ、選び抜かれた素敵なアンティーク。
うすーいベリーニを作ってもらいました。
小一時間してから、2軒目は The open book.
c0274350_08234210.jpeg
田中小実昌さんの蔵書が壁一面にある、彼のお孫さんがマスターの、レモンサワー専門のお店。
c0274350_08235847.jpeg
初めて新宿ゴールデン街へ行ったのですが、小さいお店がたくさん並んでいるので、中はどんなに狭いのかと思いきや、心地良い広さで、このお店の3階はお座敷までありました。
トイレには田中小実昌氏の直筆原稿が。
c0274350_08242247.jpeg
先ほどのベリーニがかなりまわっていたので、ここではノンアルコールのレモンサワー(要はレモンジュース)を飲みながら、他のお客さんを観察。
# by ayaiwata0610 | 2016-08-18 23:30 | meal

セララバアドでディナー。

季節ごとに通っているセララバアドへ。
今回は初めてのカウンター。作っている姿や工程が見られる特等席。
ノンアルコールドリンクをペアリングでお願いしました。

合鴨の味噌漬けでスタート。
c0274350_04071488.jpeg
おっとっとみたいな物の中にはオリーブオイルが入っています。

「キャラメルポップコーン」
c0274350_04073005.jpeg
飴細工の中に,液体窒素で固めたとうもろこしの冷たいムースが入っています。

「朝露」
c0274350_04074629.jpeg
梅こぶ茶をアルギン酸で固めた液体の中にじゅんさいが入っています。
お皿代わりの蓮の葉のふちから、しずくがつるんと口の中へ。
・ペアリング:バジルとトマトのジュースにエキストラバージンオリーブオイル。トマトジュースなのに透明でした。中央のぐちゅっとした箇所を抽出しているのかな?


「花蜜 トマト」
c0274350_04080658.jpeg
トマトのゼリーにナスタチウムの葉・マイクロトマトと岩塩・ナスタチウムの花。
最初にナスタチウムの花の蜜を吸ってくださいと言われます。
「まれに甘くないのがあるのでその時はもう一花。」
私のは甘くなかったので、もう1つ頂きました。そして花をちぎり、透明なトマトゼリーの上にのせて一緒に食べます。
・ペアリング:パプリカと生姜のジュース。

「夏の高原」
c0274350_04082417.jpeg
自家製やぎミルクのチーズにレモングラスミルクの泡。
ディナー開始前から置かれていたナプキンの上のラベンダーを嗅ぎながら食べます。おしゃれ。。。

「渚」
c0274350_04084131.jpeg
クリームソースと昆布オイルをまとったムール貝。砂に見えるのは藻塩とシラスとアンチョビのパウダー。
上に乗っているムール貝の殻は砂糖で作ってあるので食べられます。
ボックスの中にはメニューの紙が入った小瓶が。

「深海」
c0274350_04085726.jpeg
あぶった白イカ・イカスミのゼリー・イカ墨パエリアのチュイールに、イカとアサリのスープが注がれます。
イカスミゼリーを割るとスープがまっ黒に変化していきます。
c0274350_04093374.jpeg
光の届かない深海をイメージしたそう。

「穴子 雑穀 クレソン」
c0274350_04100220.jpeg
雑穀米とトウモロコシのリゾット(クレソンのソース)・穴子のフリット。
穴子のフリットがうまく揚っていて美味しい。
・ペアリング:スイカとハッカ氷のジュース。これがものすごく美味しかった!ハッカの氷が溶けて、時間と共に味が変わっていきます。

「鮎の燻製」
c0274350_04102152.jpeg
鮎(和歌山産)の頭としっぽの揚げ物・スモークを閉じ込めたジャーの中に、鮎・鮎の魚醤であえた茄子と万願寺唐辛子が入っています。

「短角牛」
c0274350_04103637.jpeg
短角牛(盛岡産)とマコモダケのグリル。コースの中でこのお肉が一番美味しかった。ジューシー。

「ピニャコラーダ」
c0274350_04104939.jpeg
パイナップルのシャーベットにココナッツのピューレ。
美味しくてどんぶり一杯食べたい!
c0274350_04110807.jpeg
目の前でパイナップルをブレンダーでつぶし、そのパイナップルジュースに液体窒素を注入してシャーベットに。

「夏の夕暮れ」
c0274350_04112666.jpeg
c0274350_04113800.jpeg
紫蘇のスープの中にびわのコンポート。トンカ豆のチュイール。
チュイールをスープの中に入れると青紫色が赤紫色に変わります。太陽が沈んでいく夕陽の情景を再現。


「よもぎ コーン」
c0274350_04115579.jpeg
よもぎのマカロン、コーンとホワイトチョコ、トマトのケーキ。
このコーンとホワイトチョコが美味しかった。

「線香花火」
c0274350_04121216.jpeg
本物の線香花火の隣に、フリーズドライされたホワイトチョコ(中にパチパチキャンディで作られた球)。
口の中でなつかしのパチパチキャンディが炸裂。

美味しい食事と、楽しく刺激的な会話で3時間があっという間に経っていました。
大好きな友達との食事はいつも楽しい。全く携帯を見ることもなく会話に夢中でした。
秋の予約がなんと満席で取れず、12月までおあずけ。

# by ayaiwata0610 | 2016-08-18 23:00 | meal